Mocean Woker「IT’S PRONOUNCED MOTION…」 VOIL-007

morcean worker

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARTIST Mocean Woker
TITLE IT’S PRONOUNCED MOTION…
FORMAT CD
LABEL VOIL
CATALOG NO VOIL-007
STREET DATE 2014.2.19

オールド・ジャズ + モダン・グルーヴのサラブレッド!!!!Mocean Wokerの日本オンリーのベスト盤をVOILがリリース!!!!

モーション・ワーカー、本名「アダム・ドーン」は、アトランティック・レコードでRoberta Flack、The Neville Brothers、Bette Midler、Lou Rawls、アトランティック・レコードのジャズ部門の大半を手がけたプロデューサー、ジョエル・ドーンの息子。JAZZ をバックグラウンドとし、Marcus Miller を師事。16 歳の頃からMarcus Miller バンドのメンバー(ベースとキーボード)として、Miles Davis やDavid Sanborn、Luther Vandross のプロジェクトに参加していた。
モーション・ワーカーは、1930 年代のビッグバンド・サウンドや1960 年代のグルーヴとエレクトロミュージックをミックスし、誰もがハッピーになれる作品を数多く発表している。ゴキゲンであると同時に、非常に洗練されており、けれど誰のことも拒絶しないオープンなスタイルが特徴である。このアルバムには、Marcus Miller、Nina Simone、Rahsaan Roland Kirk、Charlie Hunter、Lyrics Born にDavid Fathead Newman等とても有名なミュージシャンがフューチャ―されている。
彼のキャリアは他にも、Brian Eno やBono、Lou Reed、John Cale、Marcus Miller、Bill Frisell、Quincy Jones 等、名立たるアーティストとのプロジェクトを手掛けている。また、彼の作品は『プラダを着た悪魔』、『ボーン・スプレマシー』、『シックスフィートアンダー』、『CSI』などの映画やTV ドラマ、CHEVROLET や Lincoln などのテレビ・コマーシャルにも使われている。最新のワークスとしてRichard Pryor の生涯について描いたドキュメンタリー映画の『Richard Pryor-Omit The Logic』の音楽を手掛けている。
本作は日本企画のベスト盤として初めてモーション・ワーカーを紹介する作品である。JAZZ リスナーはもちろん、人と違うエレクトロミュージックを探しているリスナーを虜にし、JAZZ が苦手なリスナーもきっとJAZZ が好きになるだろう。

TRACK LISTS

1 RIGHT NOW
2 TICKLE IT
3 SHOOBY SHOOBY DO YAH
4 SHAKE YA BOOGIE
5 ON AND ON
6 PIANO BOOGIE
7 MOVE
8 CHICK A BOOM BOOM BOOM
9 MY OWN LITTLE WORLD
10 NOW THAT’S WHAT I’M TALKIN’ BOUT
11 EASY DOES IT BABY
12 HOOT AND HOLLAH
13 TRES TRES CHIC
14 THE SKY IS BLACK


Comments are closed.